« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

いよいよなの!?

本日37週1日。
いよいよ正産期に入り健診にいってきました。
「また大きくなってるんだろうな~」の予想通り、立派に3200geye
先生が超音波を見て、「もう生まれそうなしっかりした顔つきだね!」と(^-^;)
そしてその後の内診で、「子宮口も2センチ開いてるし頭も下がってきてるから、いつ生まれてもおかしくないよ。そのつもりで生活してください」とのことsign03
予想外の言葉にびっくり!!!
まだ胃も苦しいし、下がってる感じしなかったのに。

先週まで迷いに迷っていたのですが、無痛分娩はせず自然に任せて生むことに決めました。
今の心境は、きっとものすごく痛いんだろうけど、いっくんと力を合わせて頑張る!!女としての大仕事を果たしてみせる!!!という感じ。
さっき、大ちゃんにも電話連絡しました。
かなり驚いて動揺してたけど、「じゃあ、いつでも駆けつけられるように仕事片付けておくね!」と心強い一言。

もうここまできたらど~んと来い!!がんばってママになる!!
いざとなると、この大きなお腹とのお別れもちょっとだけ名残惜しいかな(^-^;)
写真とっておこうheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

里帰り完了

先週、妊娠35週目で無事里帰り完了しました。
といっても電車で2時間もかからない距離の実家なので気楽なものですがhouse

帰省した翌日には分娩予約してある病院の診察も受けました。
地元で有名なセレブ産婦人科shine
・・・というか、ここしか近場の病院がない。
なんと3時間待ち!!!
せっかくセレブデビューhappy01とわくわくして行ったのに、待たされすぎて最後は泣きそうになりました。
一緒に行ってくれていた母も、「妊婦達を3時間待たせるなんてangry」とご立腹で受付のお姉さんに事情聴取。
「緊急分娩が重なり、しかも先生が一人お休みを取っているということもあって、、申し訳ございません。」とのことでした。
仕方ない。。。でも参りましたbearing
でも、そんなママとばあばのピリピリモードとはお構いなしにいっくんは順調そのもの!
やっぱり平均より2週間くらい大きいけど、問題ない範囲なので大丈夫!とのこと。
無痛分娩の説明も聞いて、パンフレットももらいました。
先生は、「大きいから難産とも小さめだから安産とも限らない。あくまでも本人の希望で決めてください。」とのこと。

痛みに弱い私。。
安全な方法で痛みが取れるなら絶対無痛分娩!と思っていたのですが、いざ臨月になってみると、いっくんと力を合わせ、大ちゃんにサポートしてもらって、普通に産んでみたい!という気持ちも湧いてきました。
でも、きっといざ陣痛が始まってみたときに後悔するんだろうな~(^-^;)

決断は今週(36週)中flair
昨日、バースコーディネーターの大葉ナナコさんの「体と心にやさいいナチュラルなお産」という本を購入したので、じっくり読んでみようと思います。

ビビりーなママでごめんねsign03
でも、いざとなったらどうやってでも全力でいっくんを産み出してみせるから、安心して出ておいで~catfaceheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

頭デッカチ!!

現在34週。
今日、里帰り前の最後の健診でした。
経過は至って順調ですhappy01

しかし、問題がひとつ!
1ヶ月くらい前から言われ始めたのですが、どうやらいっくん頭がデカイらしい。。。
今日、ついに産まれる時の一般的なアカチャンの頭の大きさを超えてしまいましたsign03
1ヶ月前から、立派な頭だね~と言われるたびに、「それは異常じゃないんですかsign02」と心配で確認し続けているのですが、毎回先生の返事は同じ。
「そういう体型ってだけで異常じゃないです」とのこと。
それはよかったflairとほっとすると同時に、完全に頭デッカチの日本人体型ってことなのね、と毎回確認(^-^;)
しかも、頭⇒4週分デカイ,足の長さ⇒標準,体重⇒2週間分重い
とのこと。
完全に大ちゃん体型ですsign03
まあ、私は大ちゃんの分身みたいな赤ちゃんがいいな~heart04ってずっと願ってきたから、願い通りと言えば願い通りなんだけど。
やっぱり出産は大変になるんだろうなーbearing
来週里帰り先の病院に転院します。
そこは無痛分娩もあるので、ちょっと考えてみようと思ってます。

あと1週間、里帰り前の準備いろいろがんばらなくちゃflair
なんか、あっと言う間・・・dash

続きを読む "頭デッカチ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »