« 天使と悪魔 | トップページ | いっくん出産レポート その2 »

2009年10月14日 (水)

いっくん出産レポート その1

あっというまに1ケ月が経ちました。
必死におっぱいあげておむつかえて抱っこしてたらいつのまにか1ケ月という感じです。
最近のいっくんは、だいたい昼間起きていて夜は3~4時間ずつまとめて寝てくれるようになってきました。とってもお利口shine(親ばか)
おかげでママの生活リズムもそんなに崩れずにすんでいますflair
そんなわけで生活も落ち着いてきたので、出産当日を振り返ってみたいと思います!

9月13日日曜日。
早朝5時に、今までにないお腹の張りで目が覚める。
「おっ。ついに来たな!!」とピーンと来ました。
あんなにビビっていた出産ですが、このときは恐怖より促進剤を使わずに生める!という喜びのほうが大きかったと思います。
まずは自宅にいる大ちゃんに、『お腹張ってきたから、いつでもこっちに来れるように待機しててね!』とメールしました。
その後、痛みの間隔をメモし続けたもののまばらなまま。定期的なものにはならず。。

お昼頃、大ちゃん到着rvcar
でも、この頃にはすでにこれはニセ陣痛ってやつだな!と気付き、やっぱり明日入院して、明後日促進剤か~と諦めモード。
午後にはすっかり張りも遠のき、14時~16時くらいまで大ちゃんと2人そろってお昼寝sleepy
父と母も「今日は無いな」と思ったらしく、各自近場にお出かけ。

大ちゃんはビデオ観賞、私は編み物をして、くつろいでいた16時55分sign03
突然『ボン』という音と共にお腹に激痛、そして何かが破れて温かいものが染み出してくる感覚に襲われました。
同時に床にうずくまり「破水した!!」と叫んでいました。
大ちゃんは「えぇぇぇぇ!!wobbly」とパニック。
私はかなりの予習を積んでいたおかげか、自分でも驚くほど冷静でした。
まずトイレに入り、破水を確認。
そしてなぜか歯磨きした後に病院に電話を入れました。
「破水したならすぐに来てください。」と言われ、大ちゃんを落ち着かせて出かける準備。
このとき痛みは10分間隔。
昼間感じていたお腹の張りとは比べ物にならない激痛でした。
事前の予想通り「なんで無痛分娩にしなかったんだ、私~!!」と後悔したのを覚えてます(^-^;)
車に乗ったらさらに痛みが増し、車のわずかな揺れが響く響く!!
早くも「ひっひっふぅ~」で痛みを逃していました。
ガチガチに緊張しながら運転する大ちゃん。
そして時計を見ると、なんと痛みは3分間隔sandclock
冷静な私も「えぇっ、早すぎ!なんで!?」とさすがにびっくり。
15分ほどで病院に到着。
入院手続きをして、LDRに通され病院着に着替え。

私は無痛分娩しないと決めたとき、普通に生むと自分で覚悟を決めたからには、できるだけ冷静に声を出したりしないで生む!!ということを目標に決めました。
新山千春の出産シーンをテレビで見て、「なんて立派な女性なのshine」と本当に感動したので。
その目標を噛みしめながら「よし!いよいよだ!!」と痛みでパニックになりそうな自分に言い聞かせたのを覚えています。

長くなってしまったので、次回に続きます。

|

« 天使と悪魔 | トップページ | いっくん出産レポート その2 »

出産」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
赤ちゃんご出産おめでとうございます!

流産・2回で検索してこのBLOGにたどりつきました。

私は今年の2月と6月、どちらも心拍確認後に完全流産しました。

初めての妊娠で知識がなかった2月、今度こそ!と大事に過ごした6月、心拍確認後の流産の確立は低いと言われている中、どちらもその日は突然やってきました。

大学病院での不育症検査を勧められ受けましたが「異常なし」

異常が発見できる確立は非常に低いという説明も受けました。

また次も・・・と考えると、どうしても臆病になってしまいます。

でも、このBLOGを読んで私にも希望が少し生まれた気がします。

ありがとうございました!

また時々お邪魔させて頂きます (#^-^#)

投稿: ひよこ | 2009年10月29日 (木) 23時03分

ひよこさん、コメントありがとうございます。
2回の流産、とっても悲しく信じられない出来事ですよね。
私も「何で私が!?何が悪いんだろう?」と何百回も答えの出ない自問自答をしました。
妊娠すればあたりまえに出産するとほとんどの人は思っているけれど、それがどんなに奇跡的なことなのか、経験者でなければ感じることはできないと思います。

次への不安はどうしてもぬぐいきれませんよね。臆病になるのも当然です。
私も2回目の流産の後はもう2度とこんな悲しい思いははしたくない、としばらくは妊娠・出産のことは考えず、主人と2人の生活を楽しもうと心に決めました。
今回、3度目の妊娠ができたこと、そして出産までたどり着けたことを心から喜ぶと同時に、とても幸運なことだったと思っています。

私のつたない文章でほんの少しでも希望を持っていただけたのならうれしいです。
また遊びに来てください☆

投稿: ぴの | 2009年11月 9日 (月) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390519/31781722

この記事へのトラックバック一覧です: いっくん出産レポート その1:

« 天使と悪魔 | トップページ | いっくん出産レポート その2 »